ページ内を移動するためのリンクです

CSR

ここから本文です

CSR

ブリヂストングループのCSR活動

環境への取り組み

 

当社は、ブリヂストンの「環境に対する基本的な考え方」の基に
グループの一員として主として省エネ・省資源活動を進めております。

 

 

 

 

【環境基本方針】

ブリヂストン化工品ジャパン株式会社は、環境保全が企業の果たすべき社会的責任の中で極めて重要であることを認識し、オフィス活動での環境配慮活動を推進していきます。また、地域社会に対しての調和を考慮に入れ、下記方針の着実な実施により環境の継続的改善と社会への貢献に努めます。

1.法令、規則の遵守及び社内ルールの構築、実行により「持続可能な」社会の実現を目指します。

     ・CO2削減活動       ・省エネ/省資源活動
     ・環境配慮型商品の拡販 ・グリーン適合品購入

2.地域とのコミュニケーションを図り、良好な周辺環境を築くと共に社員の意識向上に努めます。

3.環境目的、目標を設定し、実施し、定期的な見直しを行うことで、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。

4.環境方針は社外からの要求、その他の要求に応じて公表します。

 

 

2017年3月に一般財団法人 持続性推進機構による審査を受審し、エコアクション21(ガイドライン2009年版)の認証が更新されました。

2018年の維持審査はエコアクション21(ガイドライン2017年版)に移行致します。

 

 


環境内容活動

 
項目 取り組み活動
  電気使用量の削減
照明の昼休み消灯、不必要照明の消灯、 空調温度の適正管理など
週1回ノー残業デー、クールビズ・ウオームビズの推進
  ガソリン使用量削減
アイドリングストップ、エコドライブ推進
  ガス・灯油使用量削減
クールビズ・ウォームビズの推進、こまめなON/OFF
二酸化炭素排出量の割合 全CO2排出量の約50%をガソリン、約45%を電力使用量がしめます
水使用量の削減 水道節水表示、こまめな開け閉めで無駄な水使用防止
廃棄物の削減 ペーパーレス会議・両面コピーの推進、封筒の再利用
紙・プラ・ビン・缶など分別廃棄ボックスの運用徹底
環境配慮商品 環境配慮商品の積極PR(省エネベルト、クローラ―、高減衰免震ゴム)
環境配慮事務・日常品の積極採用
その他の活動 エコキャップ活動、事務所周辺地域活動への参加
事業所内の3S活動推進(整理・整頓・清掃)

2016年度CO2排出量実績

  単位:環境指標(kg-CO2/社員一人当たり)
CO2 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計 削減率
2015年 168 184 180 172 145 169 173 173 161 156 147 155 1983
2016年 154 179 179 158 140 164 170 177 171 158 152 163 1965 0.9%

 

・2016年度目標達成状況

2015年対比削減目標1%に対し、

0.9%削減でほぼ達成

 

ガソリン用途:営業車両用

電力用途  :事務所照明・空調

 

 

ここからフッター情報です